ママ同士の交流が自然と生まれる、来るだけで気持ちが明るくなる。

ただの洋服・グッズ交換だけではない価値が、交換会にはあります。


運営団体「HAND ME DOWN(お下がり)」は、現役ママが運営しているママサークルです。


最初は荻窪の某団体のイベントとして交換会を始めました。

開催を重ねるうちに来場人数が増えていき、賛同してくださるママがたくさん来てくれるように。


そして、来場したママ同士が自然に会話する場面をよく見かけるようになりました。


「その服、私が持ってきたものなんです。小さくなったけど捨てるにはもったいなくて…」

「その絵本、うちの子のお気に入りで何度も読まされました…」

「このおもちゃはこうやって遊ぶと喜びますよ!」


お子さまの成長を一緒に見守った大切な洋服、おもちゃ、絵本…捨てるには勇気がいります。

でも次に使ってくれるお子さまがいたら。

交換会では、次のお子さまのために喜んで引き取っていく親子の姿を、目の前で見ることができたりします。


ご近所づきあいも多くはなく、買い物はネットスーパー、児童館やママサークルも人見知りのママは苦手、習いごとは一人では行きづらい、核家族化で親族の育児サポートなし、ワンオペで1日大人と会話しなかった日は当たり前、など…

子どもとだけの閉鎖的な生活は産後うつ、さらには虐待の原因にもなりかねない現代の育児事情。


でも交換会なら、不要になったお子さまの服やグッズを必要なものと交換しに行く、という明確な目的があるので、ママが一人で気軽に来ることができます。

そしてただ交換に来たつもりが他のママとも交流ができ、気持ちが明るくなって帰っていくママにたくさん出会えました。


ママが一歩外に出ることを応援し、かけがえのない子育ての時期を前向きに楽しんでもらえるきっかけになれたら嬉しいです。



HAND ME DOWN代表 井上綾子



・2019年6月 荻窪で活動する団体の子育て支援事業として、毎月1回開催開始。

・2019年11月 ママサークル「HAND ME DOWN」立ち上げ。運営譲渡。

・2019年12月 第一回「ベビー&キッズ用品 交換会」開催。